« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月28日 (金)

クラフトバック

柳井縞で3つ目のバックを作りました。

少し大き目で、縞柄を横に使いました。

Dscf4270   Dscf4272




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

平郡島

昨日は、平郡島に行ってきました。

柳井市の南約20㎞、伊予灘に浮かぶ島は柳井市に属します。

フェリーが一日3往復していて、柳井港から1時間40分かかります。

遠いです。人口約400人。

昨年閉校していた平郡東小学校にたった一人入学してその様子が

テレビに取り上げられました。

「ナニコレ珍百景」ウドチャンが訪問して話題になりました。

そのご数回テレデ放映され Iターンの人もこられたようです。

26日夜7時から「スペシャル珍百景」でまた出るそうです。

3時間スペシャルだから9時近いと思います。

Dscf4251  Dscf4252

Dscf4256  Dscf4259  Dscf4263


地元の方たちとの交流会でフラを踊る柳井のメンバー

Dscf4261  平郡島音頭を踊る地元の方

Dscf4265  Dscf4269
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

柳井縞

柳井縞祭りで私が織った「のれん」が帰ってきました。

ピンク系と紺系、2枚織りました。

Dscf4192


さて何にしようか考えて・・・ランチョンマット、座布団の一部に、また巾着とか・・・

結局クラフトに柳井縞を巻いてバックにしました。

Dscf4234  Dscf4250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

山口の偉人

山口から素晴らしい偉人が沢山輩出されていることを知りました。

「村田清風記念館」でこんなユニークな絵ハガキが売られていました。

Dscf4225 Dscf4226 Dscf4227

毛利敬親               井上勝                  木戸孝允(桂 小五郎)

天保改革を実施                  「鉄道の父」                     「維新の三傑」     

Dscf4228 Dscf4229 Dscf4230

村田清風                藤田伝三郎                吉田松陰

「四白政策」                        藤田組を興す                   「松下村塾」主宰者

Dscf4231 Dscf4232 Dscf4233

山田顕義                  伊藤博文             高杉晋作

日本大学、國學院大學                  初代内閣総理大臣            松下村塾の双璧

の学組

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

ずっこけ夫婦江島組の旅Ⅳ

棚田のそばにこんな看板がありました。

何でも百選があるのですね。

Dscf4211  Dscf4212

宿泊は「一の俣温泉グランドホテル」

「夜、8時にホタル観賞のバスが出ます行かれますか?」とフロントで

尋ねられました。もちろん、パスです。

その時間は宴もピーク 酔っぱらっています。

お湯は、噂通りのよい湯でした。

翌日は、「角島」へ行きました。

この日は、快晴でしたので海の色がとても綺麗でした。

Dscf4217 Dscf4218 

Dscf4220 Dscf4221


帰路途中にある「蛍海道西の市」という道の駅で昼食です。

Dscf4224_2  Dscf4222


長屋門風の立派な入口です。

ここの道の駅は中国地方で一番人気の道の駅です。

日帰り温泉あり・バイキングレストランも1200円で美味しかったです。

なんといっても商品数も豊富で、地元産の食材を使った食品が多かったです。

3点ほど食べましたが、美味しかったです。

6月は、ここも蛍一色だそうです。

http://www.toyota-hotaru.com/index.html






| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

ずっこけ夫婦江島組の旅Ⅲ

4館共通券を購入したので仙崎から更に橋を渡り青海島の先端にある

「くじら資料館」にも足をのばしました。これが最後の4館目。

Dscf4204

毎年7月に行われるクジラ祭りに使われる船?タイヤがあるので車かしら?


http://member.hot-cha.tv/~htc09819/maturi.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前にも行ったことがある油谷の「棚田」。

今はちょうど田んぼに水が入っているので是非見たいと思い行きました。

Dscf4208

午後3時到着。

なんとカメラマンが約50人ぐらい。

みんな三脚を立てて場所取りです。

油谷湾に沈む夕陽とイカ釣り船の漁火が棚田の水面に

写り込むシャッターチャンスを待っているのだそうです。

http://www.oidemase.or.jp/db/a/detail.php?id_num=35211aa0000005325



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

ずっこけ夫婦の旅Ⅱ

次に向かったのは、「村田清風記念館」。

幕末の激動する政治情勢の中、藩政改革の中心人物として

手腕を揮った山口の先賢「村田清風」とその意思を受け継いだ

「周布政之助」の功績、資料、等が紹介されていました。

吉田松陰の師でもあるようです。

防長四白政策・・・米・塩・紙・蝋ーこれらの産業を奨励し

藩財政を立て直した。

Dscf4196


次は、「金子みすゞ記念館」

Dscf4199


Dscf4197 みすゞの生家

Dscf4201 

金子みすゞの故郷は長門市仙崎。

仙崎港は新鮮なお魚が水揚げされて、かまぼこも有名である、美味しい!

そのかまぼこ板、2万枚にメッセージが書かれている。

そして、ライトを消すと大群の魚とみすゞの詩が浮かびあがりました。

Dscf4200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

ずっこけ夫婦江島組の旅

長門、油谷方面へ旅行に行ってきました。

「ずっこけ夫婦江島組」の旅=江藤と島元夫婦。

以前から行きたいと思っていた「一の俣温泉」です。

お湯がいいと評判です。

まずその前に「香月泰男美術館」へ。

香月泰男の故郷・山口県三隅町という小さな町に立派な美術館がありました。

彼は、中央に出れるぐらいの素晴らしい作品を描いていますが

故郷が大好きで最後まで三隅町自宅アトリエで描き続けていたようです。

Dscf4195  Dscf4193 

この看板の字体は、香月泰男さんの大ファン・俳優の「緒方拳さん」の作。

緒方拳さんは、ここの美術館に何度もわざわざ訪れていたようです。

「香月泰男の作品と私の芸は通ずるものがあるとか・・・」

香月泰男さんは、絵の他に「手作りおもちゃ」を沢山作って

楽しんでおられたようです。撮影禁止のため写真はありませんが

それはそれはとってもユニークで、こんな面があったなんて

絵の作品からは伺えませんでした。

沢山展示されているおもちゃの前で1時間2時間半日といすに座って

鑑賞される方もおられるそうです。そうです!それくらい面白いです。

材料は、道に落ちている廃材、流木、空き缶・、針金・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »