« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

茶花

掛け軸と茶花

008

006 007

「閑座聴松風」・・・かんざして しょうふうを きく.

静かに坐れば ただ松風の音ばかり. 心 が急いていれば気づかぬことの方が多い

澄み渡った耳に澄み切った音が聞こえてくる颯 々と爽やかに吹く松風の音色は、

聴く人の心までも洗い流すかのようである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

黒川温泉について

今回の九州旅行で最後の夜は、黒川温泉に宿をとりました。

うわさで「良い温泉、良い温泉」とは聞いていましたが、何が良いかは知りませんでした。

私が感じたことは・・・・

まず、黒川温泉エリアに入り予約していた宿が少しわかりづらかったので、

他の温泉宿の駐車場に入り聞こうとしていたらすぐそこの関係者の方が走ってこられ

「どこのお宿ですか?」と聞かれました。

その方の対応がとっても好印象で丁寧に親切に教えてくださいました。

その後、予約していた宿に入り、暖かい心のこもった対応でチェックイン。

夕方、温泉界隈を散策しました。紅葉の季節ですので道端に木の葉があるのではと

思っていましたが、綺麗にホウキで掃かれていました。

しかも、自分の宿の前だけではなく両隣まで綺麗に清潔になっていました。

そして、お湯は「源泉かけ流し」とっても気持の良い湯でした。

夕食は、「部屋食」。担当の仲居さんは、今年の春高校を卒業したばかりで7ヶ月目。

しかし、見事な仕事ぶりです。とてもまだ半年とは思えませんでした。

お客様の立場に立って細やかな心配り、おもてなしです。

オーナーの教育が行き届いているのでしよう!

ほかの従業員の方も、とても気持がよく旅立ちの時は、また来たいな~

という気持でした。

主人は「ありがうございました。とても気持ちのよいお宿でしたよ!」と・・・言葉を残し

出発しました。

義兄が○ビルのホテル関係の社長をしているので、先日、黒川温泉の話をしました。

ホテル業界では、「黒川温泉」は超有名で従業員にも見学させているぐらいです。

義兄いわく「黒川温泉全部で良くしていこうと、各宿が一丸となって今日まで来たそうです」

だから、駐車場の方の対応も納得です。

この黒川温泉に来られたお客様は、皆の黒川温泉のお客様という位置づけなので

しょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

年賀状

今年も和風年賀状素材集「和の趣」に、私のちぎり絵作品を採用していただきました。

Wasi_042 Wasi_041

Wasi_044 Wasi_043

Wasi_046_2  Wasi_045_2

Wasi_048 Wasi_047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

クラフト

トレー

001 002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

九州旅行 Ⅱ

鹿児島・桜島は薩摩半島と大隅半島に囲まれた錦江湾にあります。

今回の旅の本命は、10年ぶりに再会する友人の家を訪ねることです。

友人宅は、大隅半島にあります。ですから、知覧から鹿児島港に戻り

フェリーで大隅半島へ渡りました。

その折、船上から桜島を撮影しました。やはり、頂上から煙が「モクモク」・・・

047

船着き場の道路も、また船上のベンチ、手すりみな埃だらけです。

清掃の方がホウキで掃いておられましたが、いたちごっこ。なんともなりません。

35分で到着。そこから志布志湾の近くですから1時間ぐらい走り着きました。

外で待っててくれて、再会の瞬間、大感動!

夜は、彼女の手作りお料理を頂き話がつきませんでした。

宿は、志布志湾のほとりに建つホテルで。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11月17日(木)

さて翌朝、宮崎県の都城Iから宮崎高速道路に乗って熊本へ。

そして、阿蘇へ。

阿蘇は、高校の修学旅行で1回、30代の時2回目、今回で3回目。

しかし、高校の時の記憶は全くなく、2回目もあまり感動した記憶がないのですが

今回3回目が一番感動しました!(笑)

050 055 057

大自然の脅威!凄いです!

大草原のなかを走り、車から眺める風景は少し北海道に似ていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日の宿は、大人気の「黒川温泉」 以前から憧れていた所です。

うわさ通りのしっとりとした落ち着いた温泉。

各宿が地中から温泉をくみ上げていて、それぞれ泉質が違うのです。

入湯手形(1200円)を買うと、すきなお宿のお風呂に3か所入れます。

063 066 067

「南城苑」に宿泊。とてもよいお湯でした。

宿のスタッフの方たちがとても気持ちよく、若いメンバーですが見事でした。

おかげ様で最後とても気持ち良い余韻を残して旅を終わりました。

走行距離1400キロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

九州旅行 Ⅰ

11月15日から18日まで3泊4日で九州へ行ってきました。

11月15日(火)

001 関門橋

山口県下関と福岡県北九州市門司区を結ぶ橋・山口側から撮影しました。

主人が小学校低学年の時住んでいた、北九州市八幡を見たいとうので

立ち寄りました。その時住んでいた家は、当然取り壊されてなくなっていましたが、

回りの雰囲気はあまり変わっていないようです。小学校、中学校も見に行きました。

その後、九州自動車道を南下し熊本へ。

Kc4600230001 熊本城・・・加藤清正の築城に天下の名城・とても立派でした。

そして、人吉へ

人吉城跡を見学。明治10年に西郷隆盛が引き起こした西南戦争で、

人吉城は薩摩軍の根拠地となったためほとんどが破壊されて

、石垣だけが残っていました。

Kc4600300001

この日は、人吉温泉で泊。あまり俗化していなくて「温泉」とてもよい湯でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11月16日(水)

人吉から鹿児島へ入り、薩摩の小京都と言われる「知覧の庭園」を訪れました。

025 026 031

250年ぐらい前のもので、10余り庭園と武家屋敷通りが広範囲に保存されていることは

まれのようです。

そして、同じ知覧にある「知覧特攻平和会館」を見学。

024

この知覧は、特攻隊の出撃基地があった所。

太平洋戦争末期・沖縄戦で人類史上類のない爆装した飛行機もろとも

若い10、20代の青年たちが敵艦に体当たりして亡くなっていった。

陸軍の特攻隊の遺影、遺品、記録など貴重な資料が保存されていました。

この会館には、出撃する最後の夜の様子、出撃の時の様子などビデオで

上映されとても平常心では見ることができませんでした。

今の平和な日本があるのも、こういう方たちの悲しい犠牲があったんだ~

忘れていけないことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

皇帝ダリア

今日の皇帝ダリア

003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

皇帝ダリア

今日は、こんなにも花が咲きました。

Dscf2915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

皇帝ダリア

爽やかな青空のもと、「皇帝ダリア」が咲きました

とっても背丈が高く、まさしく皇帝様です。

010 012

011

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

芸術の秋

週末は、山口で「アーティストホーラム」がSGの山口文化会館で行われました。

私も、ちぎり絵を出品しました。そして、土曜日は役員として参加しました。

絵画、彫刻、写真、書、写真、生け花、工芸、手芸・・・あらゆるジャンルの展示。

また、日舞、三味線、お琴、・・・・

コンサートもあり、ソプラノ、ジャズ、フォーク、ポップス、演歌、ピアノ、フルート・・・

盛りだくさんの演奏。

皆様、プロ、半プロ、アマチア色々な方です。

一日楽しみました!しかも、タダで!

とっても楽しかったです。音楽は、人の心を一瞬にして幸せな気分にしてくれますね。

そうそう、イラストレーターも全国的に活躍しておられる方々の作品があり

素晴らしかったです。

SGの我が仲間たち、こんな素晴らしい方たちが大勢いらっしゃることに

大感動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

来訪

一昨日、名古屋の旧知の友人夫婦が遊びに来てくれました。

夜は、我が家で瀬戸内の新鮮なお刺身をつまみながら、楽しい語らいに話が弾みました。

彼女とは、37年来の友である。

昨日、萩・津和野への旅立って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

ゴルフ

先日のゴルフは不満足であったため、昨日また行ってきました。

昨日は、楽しいゴルフで満足でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

茶花

007 いそぎく・シュウメイ菊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »