« 展覧会終了 | トップページ | 周防大島1周 続き »

2010年6月 1日 (火)

移住1年目

柳井に住んでちょうど1年が過ぎました。

記念して、前から行ってみたいと思っていた「周防大島」を1周をしてきました。

朝9時30分に家を出て、色々なところに見学したり寄ったりしたので帰宅は3時。

Accessmap_2

海岸線を走り、走行距離120キロ。結構ありました。

周防大島は金魚の形をした島です。

途中、道の駅、星野哲郎記念館などに立ち寄り、

尾っぽの先にある陸奥公園を目指しました。

ここは、戦艦『陸奥』の記念館があります。

1_2

陸奥はここから約3キロメートル沖合いで昭和18年6月8日謎の爆沈をしたそうです。

http://www.town.suo-oshima.lg.jp/sightseeingguide/shisetsu/shisetu2.htm

4_2 2_3

昭和45年6月、海底40メートルからの引き上げ作業が再開され

その一部がこの記念館、及び公園に展示保管されていました。

海底40メートルでの作業は、1回20分しか作業できなくとても困難なようでした。

この綺麗な海に、1121名の英霊が眠り、16、17歳の124名の

予科練兵の若い命も失われました。

67_2  5

スクリューは4基あるうちの1つ、重さ11トン。18基あったうちの1つの副砲、射程距離15m

9 10 196 

      艦首         イカリ                陸奥記念館

21 22

いきなり、顔いや魚です。陸奥公園にある小さな小さな暖か味のある水族館、

なぎさ水族館にいます。こぶタイでニックネームは「こぶ平」。

25 23 24

この水族館には、タッチングプールがあり子供たちは靴を脱いで

はだしで入り、ここにいる魚に肌で触れ合うことが出来ます。

|

« 展覧会終了 | トップページ | 周防大島1周 続き »

コメント

こぶ平 かわいいですね
私も 触ってみたいです~
周防大島・・・瀬戸内海に浮かぶ 自然だけの小島と思っていました
そんな過去の歴史が残っていたんですね

投稿: ミエコ | 2010年6月 5日 (土) 08時57分

ミエコさんへ
小島ではありませんよ~大島です(笑)
まだ行ってないですが、「日本ハワイ移民資料館」っていうのもありここ大島から過去にはたくさんの人たちがハワイへ移民しました。移民の歴史から現在行われているハワイとの交流までの貴重な資料がたくさんそろっているそうです。主人の祖父、祖母もその時ハワイへ行ったそうです。母は、ハワイ生まれ。叔母(母の妹)は、今でもハワイ在住。

投稿: ぶーちゃん | 2010年6月 6日 (日) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27712/34994718

この記事へのトラックバック一覧です: 移住1年目:

« 展覧会終了 | トップページ | 周防大島1周 続き »