« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月28日 (月)

ホームコンサート

土曜日の夜は、レストランでコンサートと食事の会がありました。

ここのレストランは、土、日のランチのみ営業しているレストランです。

オーナーの奥様は、柳井市内でパン教室を開いておられる先生、

ご主人は、大型客船の元船員さん。

さすが、パンの先生。美味しいパンがテーブルいっぱいに並びました。

ピアノ&ヴァイオリンのクラッシクコンサート。

「素晴らしかった!」

ヴァイオリンで思い出しました。

4男に、3歳からヴァイオリンを習わせ小学校6年生まで続けました。

お稽古会場の行き帰りのこと、また発表会のこと、

兄の結婚式でヴァイオリン演奏したけどずっこけたこと・・・

忘れていたことが思い出されてきました。

このコンサートを知るきっかけになったのは、我が家の裏へ娘さんご一家が引っ越して

こられ、オーナーであるお父様、お母様とも親しくお付き合いをして頂き知りました。 

Tikketo   Konnsato

コンサートは、お店をオープンしてから年4回ずーと継続して開いてこられ今回で35回。

1回も欠かさないで継続することはとても大変です。

また、お値段も安いのです、食事つきで4,000円でした。

年金暮らしには、安価で素晴らしいコンサートを聞いて

そして美味しいお料理とは最高です。

田舎暮らしも、楽しみ方しだいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

大きな鯛

Yさんに、我が家がお世話になっている漁師さんのお魚屋さんのお店をご紹介しました。

その帰り、釣りが趣味なのでついでに近辺の漁場視察に出かけました。

我が家から10分ぐらいの所に池の浦というところがあります。

そこでなんと先ほど寄ったお店の漁師さんが鯛の水揚げをしていました。

「アラアラ・・・偶然ね!」

あまり大きな鯛だったので写真を撮らしていただきました。

Tai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

レンタルドック「ハナ」

引っ越してきたY宅には、柴犬の可愛い犬がいます。

私たち夫婦は、毎日朝夕、最低2回以上はこの「ハナ」を見に行きます。

最近は、尻尾を振って嬉しそうな態度を示してくれるまでになりました。

時々、散歩にも連れて行きます。

Hana1  Hana2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

クラフトテープのバック

荷作り用のクラフトテープでバックを作りました。

特に、白のバックは気に入っています。

Baggu1  Baggu2

Kago1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

梅雨の晴れ間

昨日は、周防大島の水彩教室の日でした。

梅雨の晴れ間で、霧もなく海の色も『真っ青』とても綺麗でした。

Photo  Photo_2

山アジサイ。

とても可憐で可愛い!頂いてきました。

皆様のおうちは屋敷が広いのでしょうね。

色々なお花がたくさん植えられているようです。

モチーフはいつも沢山皆さんが持参され、どれを描こうか迷います。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

アンティークの喫茶店

名古屋の 喫茶店の多さは、日本一でしょうね。

探すのに苦労しません。

しかし、柳井は喫茶店はほとんど見かけません。

また、あっても一人では入りにくいです。

しかし、先月オープンした「8CAFE」はとても落ち着きがあり一人でも気楽に入って

行ける所です。若いオーナーですが、センスがいいです。

100605_10470001_2

クッキーもケーキも全て手作りです。(美味しかった)

ケーキの専門学校で勉強して、その後ケーキやさんで働いていたプロです。

店内は、アンティークで統一されていて気持ちのよい空間でした。

昔からアンティークが好きで集めていた扉、窓、ドアノブ・・・が使われていました。

しかし、こういうのは「大工さん泣かせ」できっと苦労されたと思います。

100605_11140001    100605_10560001  100605_10570001 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

「う・布・風」展

12日、13日の2日間で「う・布・風3人展」が、木暇楽(こけら)ギャラリーで開催されました。

さおり織り ・ トールペイント ・ 和布手芸

Dscf1248 連れて帰りました。

この会場からの、ロケーションは抜群です。

U1

また、会場の設営もとてもセンスがありいつも感動です!

U4  U3  U2

U5 配水管 も綺麗なお花で隠されて・・・

U6  この上のデッキでお茶をいただきました。

おいしい手作りクッキーとコーヒーで100円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

新しい友人

我が家のすぐ近くに、平屋の新居を建てて京都から引越しをしてこられたYさん。

昨日、入居でした。

Yさん宅も「タマホーム」。我が家と同じです。

そんな関係で、建築中から親しくなり主人は「合いそうな方だから嬉しい・・・」と

来られるのを愉しみにしていました。

引越しは何かと大変。京都で荷物を出し、翌日はこちらで受け取り、

そして家具屋さん、電気屋さん、電話・・・昨日は大忙しい。

私たちも1年前に経験しましたのでよく分かっています。

そこで、昨日の「昼食」「夕食」そして今朝の「朝食」を我が家で一緒に食べました。

この3回の食事で、本当に友達になっていけそうということが分かりました。

実は、私はこの方たちとお会いするのは初めてでした。

主人は、5、6回は会っています。つまり、私はいつも留守でした。

お会いして安心しました、感覚が同じで違和感がなくスーッと入っていけました。

この団地で、気の合う方が来られとても嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

エコクラフト

婦人会・お料理の会のメンバーで、荷つくり紐でバックつくりをしました。

以前ブログで紹介しましたが、私が作ったのを持っていたら「作りたい・・・」と

いうことになり我が家で作りました。

その折、ある方から「手つくり寒天」をいただきました。

なんと、向かいの海岸で天草をとり綺麗に掃除し、ご自宅で作られたそうです。

既製品より、臭さもなくとても美味しかったです。

ここの海って美味しさの宝庫ですね。

鯛、あじ、ハマチ、タコ、メバル、ウニもとれるようです。

釣りの好きな方は、絶好の漁場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

絵画展

やない白壁ギャラリーで、益村司氏の展覧会が開かれていました。

テーマ”「生」の意味を求めて”

感動しました!

柳井市出身、現在は広島在住。

『教職人生を終えた節目の年に「生」をテーマに自己改革と向き合い、魂をぶつけた

大作20点余りを集めた絵画展を、故郷の地で開催させていただくことになりました。

混沌とした社会の中で、平凡な日常を変えたい、そんな思いの方に是非ご高覧・・・』

益村氏の生への熱い、熱い思い、生への正直な心・・・

強く印象に残りました。

写真撮影もご自由に。またブログへの掲載もOKをいただきました。

E1  E2  E3

150号、100号がずらり。

右端の作品は、アルミホイルからガラスの球体が顔を出しタイトルは「生」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

すてきなお家

我が家から車で3分のところに、とても気になる家があります。

平屋建て、日本家屋、壁板は黒、玄関には少々の赤、

杉玉、オーダーメードの郵便受け・・・何か雰囲気がいいのです。

昨日で、ここを尋ねたのは3回目。

いつも外から見ていていい感じの家だ・・・と思って帰ったが昨日は違う。

思い切って「ピンポン」を押してみた。そしたら、向かいの田んぼの脇から

カメラを持った人が「は~い}と。

自己紹介をして訳を話した。

初対面なのに、「お上がりくださ」と中も見せてもらった。

想像していた通り「ステキ!」

ありふれた普通感覚ではない、センスの良さが・・・

柳井にもこんなステキな人がいたのです(失礼)

カメラを持っていかなかったので、写真がないのが残念です。

その人が言うのです、「私が先生と仰いでいる人が近所にいます。

私より数段センスがいいです」と。

えっ、この狭い伊保庄の地域に更にもう一人おられるなんて!

その方といつ会えるかしら!

最後に、水曜日は仲間が集まってお茶しながら「手芸の会」を開いているので

いつでもいいからお越しください・・・と言っていただきました。

うれしいです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

周防大島1周 続き

周防大島の近辺にはいくつかの島があります。

島へは、定期航路があったり、ないところは漁船で渡してもらったり、

しかし、一つだけ大島から橋がかかっている島があります。

「沖家室島」(おきかむろじま)周囲約5キ、人口200人。

タイの1本釣りで有名です。また、色々な著書の舞台にもなっています。

「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選ばれています。

瀬戸内海を帆船が行き交っていた時代にはこの島も賑わいを見せ、

江戸時代には萩藩の番所も置かれていた。

んと明治20年頃には人口3,000人を数えたこともあるようです。

28 27

シーボルトが立ち寄ったところ。

江戸参府紀行によると「文政9年3月4日牛ヶ首に上陸。動植物の観察や対岸の沖家室島、平郡島、水無瀬島をスケッチして、同日の午後出帆…」とある。古来からこの地は、交通の要衝であり、この沖を幾多の人・物が往来した。

26

 今回完璧な1周ではなかった

最後の方は、短縮して走ってきた。あと10キロぐらい走っていない海岸線がある。

そこは、後日いつか行ってみたい・・・

島巡りの感想は、便利ないい所には別荘地域がいくつかあって

しゃれた別荘が建っている。しかし、島の奥の方は、原風景がそのまま

とうところがほとんどであった。開発していないから自然がそのまま、

時間はゆっくり流れ都会の喧騒感はまったく程遠い。

人は温かく、永住には本当に良いところである。

そういえば、柳井に住んで巡回しているパトカーはよく見かけるが、

一度もパトカーのサイレンを聞かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

移住1年目

柳井に住んでちょうど1年が過ぎました。

記念して、前から行ってみたいと思っていた「周防大島」を1周をしてきました。

朝9時30分に家を出て、色々なところに見学したり寄ったりしたので帰宅は3時。

Accessmap_2

海岸線を走り、走行距離120キロ。結構ありました。

周防大島は金魚の形をした島です。

途中、道の駅、星野哲郎記念館などに立ち寄り、

尾っぽの先にある陸奥公園を目指しました。

ここは、戦艦『陸奥』の記念館があります。

1_2

陸奥はここから約3キロメートル沖合いで昭和18年6月8日謎の爆沈をしたそうです。

http://www.town.suo-oshima.lg.jp/sightseeingguide/shisetsu/shisetu2.htm

4_2 2_3

昭和45年6月、海底40メートルからの引き上げ作業が再開され

その一部がこの記念館、及び公園に展示保管されていました。

海底40メートルでの作業は、1回20分しか作業できなくとても困難なようでした。

この綺麗な海に、1121名の英霊が眠り、16、17歳の124名の

予科練兵の若い命も失われました。

67_2  5

スクリューは4基あるうちの1つ、重さ11トン。18基あったうちの1つの副砲、射程距離15m

9 10 196 

      艦首         イカリ                陸奥記念館

21 22

いきなり、顔いや魚です。陸奥公園にある小さな小さな暖か味のある水族館、

なぎさ水族館にいます。こぶタイでニックネームは「こぶ平」。

25 23 24

この水族館には、タッチングプールがあり子供たちは靴を脱いで

はだしで入り、ここにいる魚に肌で触れ合うことが出来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »