« ちぎり絵展覧会 | トップページ | 瀬戸内の食材・その2 »

2009年11月10日 (火)

瀬戸内の食材・その1

昨夜の夕飯は、せと貝のお鍋をしました。

せと貝なるもの私は初めてです。

この地方にしか出回っていません。関東でも名古屋でも勿論札幌でも

見たことも聞いたこともありませんでした。

形はカキに似ていますがもっと硬いし、お値段も高いです!

3個入りで500円ぐらい。

気になるお味ですが・・・「美味しい!」

味付けは地元の方に教えていただきました。

水炊きではなくすき焼きの味付けです。

こくがあり、味が深く、いいおだしがでて美味しい!

これから冬にかけてもっとこの貝が美味しくなるそうです。

(楽しみ~楽しみ~)

|

« ちぎり絵展覧会 | トップページ | 瀬戸内の食材・その2 »

コメント

せと貝って初めて聞きますね。
ムール貝に似たような貝だとか。
私はどっちにしてもシジミぐらいしか食べられなくて・・

島根県では 赤貝という貝がポピュラーで父親の
大好物だったですね。よくお正月には食卓に
出ていました。

投稿: ドレミ | 2009年11月11日 (水) 10時08分

ドレミさんへ
あらら・・貝は苦手なのですか?
残念ですね、美味しいのに~
宍道湖のシジミは、有名ですね。

投稿: ぶーちゃん | 2009年11月11日 (水) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27712/32157028

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内の食材・その1:

« ちぎり絵展覧会 | トップページ | 瀬戸内の食材・その2 »