« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

一年の終わり

父の病状が悪化したので、また1週間名古屋に行っていました。

父は、出版した本の中で最後はみんなの顔を見て家で終わりたいと書いています。

家族はその望みどおり家で看護しています。

しかし、なにせ母は85歳。とても父の看護は出来ません。

ほとんど弟が面倒を見てくれています。しかし、弟もまだ現役で働いているので

夜中も起き、早朝も起きではあまりにも体がきついと思い、たった1週間ですが

交代しました。1週間前の父は、このまま本当に終わるのでは・・・と心配しましたが

最近はまた元気を取り戻し今日私が帰ってくる時は、少し安心できる状態になりました。

現在の父は、あまり細かい話は出来ませんが食事を作ったり、身の回りの世話をしたり、

ベットのそばで顔をみたりしていただけでも、私にとってはとても貴重な時間でした。

しかし、体はクタクタ。やはり看護はきついですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

パーソナルカラー研修会

今日は、パーソナルカラー研修会で渋谷へ出かけました。

町は、クリスマスムードいっぱい。

渋谷駅界隈はお買物でしょうか・・・家族連れ、カップル、友人同士、グループ・・・

沢山の方が出ておられました。

109もクリスマスに衣装変えです。

Dscf1773

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

感謝

ブログを小まめに更新しないのは、書くことがないからではないのです。

あまりありすぎて・・・

happy01

12月18日は、地元公民館での今年最終のちぎり絵教室がありました。

午前中は、通例の授業をして午後はお楽しみ会。

これがまた楽しくて・・・

美味しいお弁当に、皆様の手作りの一品を舌打ちしながら、

来年の抱負、今年の反省、また今感じていることなど皆様で発表しあい

その後、ビンゴーゲーム、歌「野に咲く花のように」を合唱して閉会しました。

会員のお一人は、ガンもまだあり、そしてまた今新たな難病と闘っておられる中でも

ちぎり絵がしたいと精力的に頑張って通ってこられます。

その方が、発言の中で言っておられました。

ともするとあまりの辛さに負けそうになる。

また、家庭のことが何も出来ないから、家族に申し訳ない~

色々なことを考えると、ついつい弱気になる。

「自分に負けないこと!」を心の中に秘めて生きていますと・・・

heart

皆様からこんな立派なお花を頂きました。

Dscf1769

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

思うこと

先週は、1週間家を空けました。

名古屋と山口に行っていたからです。

私は、来年1月2日で60歳になります。定年です。

そして、来年は終の棲家の山口に引越しします。

ですから、名古屋のちぎり絵の3つの教室は今回で終わりです。

あとは、次の方にバトンタッチしました。

振り返ってみて、20年間教室を一度も休まなかったことが何より嬉しいです。

マラソンランナーの言葉ですが、「自分で自分を褒めました!」

健康にも恵まれ、家族にも恵まれ、また天候にも恵まれ・・・

札幌在住の折は、冬、雪が降ったら飛行機は飛びません。

出発が3時間遅れたことはありましたが、欠航という事態は一度もありませんでした。

大阪から名古屋へ、東京から名古屋へ、札幌から名古屋へ、ここ茨城から名古屋へ。

何処の地へ行っても皆さんが待っていてくれました。

皆様に感謝です。

守谷、取手、葛飾の3教室は来年4月までで、あとは次の方に託します。

年が明けたら、家の建築が始まります。

5月末に引越し予定ですが、あっという間にこの日が来るのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

師走

今月のちぎり絵です。

Dscf1754 Dscf1755
 「お正月」  「小鳥の春」

羽根について・・・

羽の黒い玉は、「無患子(むくろじ)」の木の実が使われているそうです。

我が家の近くに、古いお寺がありそこに1本「むくろじ」の木があります。

実を捜しにいったのですが、既に全部落ちていて付いていませんでした。

落ち葉の下を捜したら、やっと2つ見つけました。

Mukuroji_mi Mukuroji4

「無患子(むくろじ)」とは、「子が患わ無い」という意味で、縁起の良い木のようです。

羽根つきの羽根が飛ぶ様は、病気を運ぶ蚊を食べてしまうトンボに似ている

ことから無病息災の意味につながったようです。

だからお正月に羽根つきをして「今年も子供が蚊にさされて病気になりませんよ~に」

という願いがあったようです。

地域によっては、女児誕生した初正月に羽子板を贈る習慣が残っているところも

あるようです。ある友人は金沢出身。神奈川県大和市にお嫁にきました。

女児出産した折に、親戚から「羽子板が届かない!」と言われ慌てて実家から羽子板を

送ってもらったそうです。

明日から13日まで、名古屋、山口へ所用で出かけます。

メールのご返事、掲示板へのご返事は帰宅後にさせていただきます。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »