« ジャイカ | トップページ | 東北の旅Ⅰ »

2008年6月15日 (日)

襖引手

来年、新築する家の和室に使う「襖引手」が完成しました。

我が友人堀口さんのご主人の作です。ご主人は台東区根岸の伝統工芸師。

和風金具などを製造され、現代において貴重な存在の方。

千住博画伯が大徳寺聚光院別院襖絵を描いた時の襖引手はこの堀口氏の作である。

1297 1295

この色は、「宣徳色」というらしい。この色をつける人も

今は数少なくなっているようです。

主人私もとても気に入っています。

|

« ジャイカ | トップページ | 東北の旅Ⅰ »

コメント

「襖引手」というんですか? 
すいません、初めて聞きました。 宣徳色という言葉も・・
勉強不足で・・・coldsweats01

本物をみたいですね。新居にお邪魔するの
楽しみにnoteしています。

投稿: ドレミ | 2008年6月19日 (木) 15時43分

ドレミさんへ
伝統工芸師のお家は、根岸の林家三平会館のすぐそば。
このあたりは「谷中」「根岸」「千駄木」つまり「谷根千(やねせん)」人気の歴史ある界隈。ここの工房も観光コースに入っていて訪れる方が多いです。
引き手は素晴らしいのですが、襖がそれには不釣合いな安物です・・・でも、どうぞいらしてくださいね!

投稿: ぶーちゃん | 2008年6月20日 (金) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27712/21633362

この記事へのトラックバック一覧です: 襖引手:

« ジャイカ | トップページ | 東北の旅Ⅰ »