« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

東北の旅Ⅱ

「上野」から「新白河」まで東北新幹線、その後はバスでの移動。

2日間のバス走行距離は980キロ。お尻が痛くなりました。

Photo_2 「中尊寺」の金色堂は、世界遺産にノミネートされていて

来月決着がつくようです。当時の藤原氏の繁栄振りが伺える

それはそれは素晴らしい光り輝く館でした。

金色堂は保存の為覆い堂がありこの中に堂がありますが堂内は撮影禁止。

皆様に、中をお見せすることが出来なく残念です。

Dscf1331Dscf1326 松尾芭蕉の像 

<奥の細道>

「五月雨の 降雨残してや 光堂」

十和田湖畔にある「乙女の像」は高村光太郎・71歳(昭和28年)最後の作。

顔は、妻の智恵子さんの若い時の顔に似ているそうです。

しかし、体型、乙女???

Dscf1378 Dscf1380_2        十和田湖は、紀行文作家の大町桂月が

「山は富士、湖は十和田湖、広い世界に一つずつ」と

絶賛。湖面の色は、「青」

日本三景の一つ、「松島」

「松島やああ松島や松島や」は芭蕉の作ではない事は今では万人知るところですが

それほど絶景で句が浮かばなかったとか・・・

アインシュタインが訪ずれた際にも

「どんな名工の技も、この美しさを残すことはできない」と同行者に言ったとされる

Dscf1387 Dscf1390

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

東北の旅Ⅰ

名古屋の親友と十和田・奥入瀬・八幡平・松島・中尊寺への旅を楽しんできました。

憧れの奥入瀬渓谷、一度は行きたいとずーっと願っていたところです。

夢が叶いました。梅雨の真っ只中なのに雨に降られることもなく・・・

想像していた通りの素晴らしい所でした。

Dscf1344 Dscf1349 Dscf1352

Dscf1353 Dscf1356 Dscf1358

Dscf1362 Dscf1364 Dscf1369

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

襖引手

来年、新築する家の和室に使う「襖引手」が完成しました。

我が友人堀口さんのご主人の作です。ご主人は台東区根岸の伝統工芸師。

和風金具などを製造され、現代において貴重な存在の方。

千住博画伯が大徳寺聚光院別院襖絵を描いた時の襖引手はこの堀口氏の作である。

1297 1295

この色は、「宣徳色」というらしい。この色をつける人も

今は数少なくなっているようです。

主人私もとても気に入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

ジャイカ

今日は、国際協力機構ジャイカの要請でちぎり絵講師の方5人でちぎり絵指導。

3週間前に中国から日本へ来たばかりの40名。

3ヶ月間オリエンテーションで日本語を学び

その後各大学でそれぞれの勉強を2年ほどして中国へ帰ります。

中国では皆さんリーダー的立場の優秀な方たちばかり。

ちぎり絵をエンジョイされました!素晴らしい出来です!

1281 1282 1284 1286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

映画「最高の人生の見つけ方」

我が父は83歳、今「肝臓がん」と闘っています。

入院治療中です。宣告を受けて1年。

40代初めに大手術を受けその時の輸血からC型肝炎→肝硬変→肝臓がんに。

医者はまだ肝臓もしっかりしているから「手術を・・」と何度も言われましたが

父は英断を下しました。高齢で大手術をして帰らなかった知人を何人も見ています。

また、文献、ネットなどで調べ必ずしも手術がベストとは限らないと判断した。

たとえ手術して長生きしてもベットの上で生きているのでは・・・と。

今回3回目の治療入院する前に「最高の人生の見つけ方」の映画を

見てきたことを聞き私も見たくなりました。

評判通りの素晴らしい映画http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの絶妙なコンビ。

病室で知り合い共にガンで余命6ヶ月の命。

死ぬ前にやっておきたい「棺おけリスト」を作り旅に出る。

そして自分を再確認をし最高の人生を終えるストーリー。

しかし、全く暗さがなく大笑い、しかし最後は泣けて泣けて!

二人のコンビももさることながら、秘書役のショーン・ヘイズの山椒的な味がいい!

我が父はすでに卓見している生き方をしていますがこれからもこの映画のように

夢を持って生きていくことと思います。

さしあたって10月には、第2作目の「本」も自費出版する目標を持っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

ちぎり絵

6月のちぎり絵

最近お天気が安定しませんね。

GWの時暑かったので、衣替えして冬服がなく薄い服を何枚も重ね着しています。

皆様もきっときっと感じておられることなのでしょうが、

何か地球に異変が・・・

アフリカのことわざに「この地球は、子供たちから預かったもの」と言うことわざが

あります。今のままでは、子供たちにお返しできません。

とにかく地球を守ることは、「小さな個人から」

私も意識改革し出来ることからしています。

1212 1213
  「花葵」  「遠い日」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »