« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

movie(八ヶ岳)

カリスマ先生が八ヶ岳の写真をmovieにして下さいました。

せっかくですので、ブログにアップする方法をご教示していただき 

このように載せることができました。

やはり動画はリアルでいいですね!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

晩秋の八ヶ岳山麓

ちぎり絵東京サークルのメンバー25人で観光バスをチャーターして八ヶ岳山麓を

巡ってきました。八ヶ岳の紅葉シーズンも終わり木々の葉も落ち、山頂には雪ものり

とてもしっとりとした晩秋の雄大な風景を見せてくれました。

途中立ち寄った小さな小さな「清春白樺美術館」。

白樺同人たちが夢見た幻の「清春白樺美術館」は小さくても展示作品などは

大変立派な作品ばかりでした。特に、開催中の「児島喜久雄と白樺派の画家たち展」

にはとても興味をひかれました。

昼食は、「八ヶ岳高原ロッジ」今話題になっている三ツ星には入っていませんが

どうしてどうして・・・なかなか美味しいランチでした。ここは今密やかな人気が出ている

ホテルだそうです。宿泊料金も結構高いとか・・・

建物も八ヶ岳山麓にぴったりの風貌で、落ち着いていて自然に溶け込んでいました。

そのあと、清里・清泉寮のジャージーのソフトクリームを食し、

NHK大河ドラマ「風林火山」のロケ地「躑躅ヶ崎(つつじがさき)館」の再現セットを

見学し武田氏ゆかりの「三分一湧水」「棒道」などを見学し都内へ帰ってきました。

帰路、ドライバーさんの計らいで夜の青山、迎賓館、六本木、銀座とイルミネーションの

光が眩い大都会を楽しみながら最終東京駅まで愉しんで帰ってきました。

Dscf0960 Dscf0943 Dscf0947_2 Dscf0948
美術館入り口      親指の モニュメント 美術館全体

Dscf0957 Dscf0961 Dscf0964

このあたりは北海道の

十勝地方に似ていると

言われていますが・・・

美術館より望む 甲斐駒ケ岳 アルプスを望む いかがでしょうか?

Dscf0973 Dscf0974 Dscf0975
「風林火山・躑躅ヶ崎」再現

Dscf0985 Dscf0986
銀座5丁目付近 銀座4丁目

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

サロン会

昨日は野田市のお宅でサロン会。

私は、このサロン会は3回目の参加ですが今回も満足度120%。

「11月・ゆず」がテーマでした。午前中は、沢山の生花を使ってお花の投げ入れ、

ほっこり手作りランチをはさんで午後はたわわになったお庭の「ゆず」を収穫して、

ゆずティー、ゆず化粧水を作りました。化粧水はゆずの「種」で作ります。

この化粧水はとっても気に入りました!なかなかいいです!

ゆずは何処も捨てることなく全て使えました。

先生はじめスタッフの皆様のゲストに対する細やかな心配り、ありがとうございました。

932_2 933 942

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

プードル

ある知人の個展を見に行った折、真っ先にお迎えに出て来てくれたのがこの犬です。

ここで飼っているプードルです。あまりにも大型なので「いきなりか!」とビックリしました!

しかし、とても人なつっこくて一度も吼えることもなくそばについて一緒に絵を見ました。

そして、私がソファーに腰をおろすとそばにくっついてカメラポーズで前に座りました。

トイプードルは時々見かけますがプードルは初めて見ました。

カッコイイです!山口へ行ったらこんな犬飼いたいな~(でも、高そう・・・)

913

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

今月のちぎり絵

今月は、雪の中で「凛」と咲くバラ1本と干支・子です。

930 911

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

美術鑑賞

今日は、国立新美術館で開催されている

フエルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展を鑑賞してきました。

絵画も楽しみでしたが何しろ今年の1月にオープンした国立新美術館へ行くのも

初めてなのでとても楽しみにしていました。外観は、前面を覆うガラスカーテンウォール

が、波のようにうねる美しい曲線を描いています。中からガラス越しに青山公園も見え

大都会の真ん中に建っているような感じはしません。

建築は、故・黒川紀章氏。エレベーター前で何処を押したらいいのか分かりません、

正面に有るのですが飾りか?建築上のものか?やはり黒川氏ならでは・・・

乗ったら今度は「閉」のボタンがないのです。せっかちな日本人にここへ来たら

ゆっくり愉しんで下さいというメッセージかなと思いました。

0918 0921

0916_2 0917
ついでに「日展」も開催されていたのでこちらも見てきました。

日展は、日本画、油彩画、工芸展と部門が分かれていて総数1000点以上。

疲れました!帰り守谷駅の階段で、上から6,7段まで転げ落ちました。

学生風の青年が駆け寄ってきて起こしてくれました。

頭から落ちていったのでお腹を下にして蛙のようになって止まりました。

しかし、打撲だけですみました。良かった!だけど、痛いの痛いの~

しばらく動けませんでした。青年がとても心配顔をしてイスの所まで連れていって

くださいました。優しい子、きっとご両親が丁寧に大切に育てられたのでしょうね。

ありがとうございました。今日1日歩いて足が疲れていたのでしょう。

私もひしひしと年齢を感じました!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

国際協力機構ジャイカでちぎり絵

11月9日 恒例のジャイカでのちぎり絵講座が行われました。

約40名ぐらいの諸外国の方たちが始めて和紙にふれちぎり絵を作成されました。

東京サークルから私を含め6名の講師と楽しくちぎり絵をたのしんでいただきました。

皆さん「楽しい!楽しい!」・・・・と。

Dscf0904_2 Dscf0906 Dscf0909
教材は「もみじ葵」 色々な国の方が研修に来ておられます ボリビアとベネズエラの研修生

左側の彼女がボリビア共和国。日本と正反対・時差は13時間。

また首都「ラバス」の高度は富士山と同じぐらいと言うから行きなり訪問しても

楽しい旅は出来ませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »