« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

新緑の札幌

3177010_2 約1年ぶりに新緑の札幌を訪れました。

今の札幌は目に眩いばかりの新緑。

吹く風心地よく、これからが1年で一番良い季節です。

転勤で各地に住みましたが、北海道は特別な感情があります。

札幌に住んだのはたった3年弱でしたが、新しい出会いは札幌を離れても

色濃くなっていきます。普通はその地を離れるとだんだん人のつながりは

薄くなっていくのですが・・・きっと北海道の人々の内面的素晴らしさが

忘れがたくしているのでしょう

今回も旧友と親交を深めとても楽しい3日間でした。

そして三岸好太郎美術館作品をもう一度みたいと思って美術館を訪問しました。

緑多い北海道知事公舎の近くにありとても閑静な地域にある美術館は、

東西線西18丁目駅、大通り近くにもかかわらず喧騒の中とは結びつかない。

公舎の裏には、緑のじゅうたんの広場、木々の新緑・・・

素晴らしい空間が広がっています。

3177007_1 3177012

大通り公園はライラックが咲き競いリラの

匂いが立ち込めています。

知事公舎
3177016_1 3177026 3177023 3177043_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

話題の・・・

鹿児島の友人からマンゴーが届きました。

過日、名古屋の親友と「私は、マンゴーを丸々食べたことがない」というような話を

したばかりです。あまりのグットタイミングにびっくり!

蓋を開けたら、甘~い匂いがプンプン。

すっごく、食欲をそそりました。

今が食べごろとあり、冷蔵庫で冷やしてその日の午後すぐ頂きました。

味ですか?あまりの美味しさに「・・・・・・・」

鹿児島の友曰く「宮崎より鹿児島のほうが美味しいのよ!」とか・・・

3177005_23177006_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

水彩展覧会

今日水彩画展が終了。

江戸川区また柏から友人が見に来てくださいました。

ありがとうございました。

3177_3 Photo_8 Photo_9 Photo_2
会場風景 「福島・大内宿」 「裏磐梯と中瀬沼」 「秋の夜長」

3点を出品しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

母の日

今日は、世間では「母の日」である。

私は、3人の母に真っ赤なカーネーションを送りました。

びっくりました!我が家にも「母の日」の花が届きました。

3男夫婦からです。長男夫婦、次男夫婦には以前から言っていました。

母の日とか誕生日に私には気使いしないように・・・プレゼントはいりませんよ。

どうしてもというなら、家族は元気で暮らしているよ。

という電話かハガキ1枚が一番嬉しいから・・・と言ったら

それ以来一切品物は届きませんでした。

今年、結婚した3男夫婦にはまだ言ってありませんでした・・・

また言ったら届かなくなるけど、お金を使うより心だけで充分!

しかし、今の季節にぴったりのとても爽やかな色合い。かわいい~

やはり貰ったら嬉しい!

Photo_6

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ちぎり絵/追加

GWも今日で終わり、また明日から通常の生活がはじまる。

GWの合間に今月のちぎり絵を作成した。

「青梅」は、すがすがしい色合いがステキな作品です。 3177001_4

すずらんは、「小さなメロディー」・・・とっても可愛いまさにぴったりのタイトルです。

 


3177002_3 3177006「こでまり」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

歴史探訪の旅

今年のGWは、福島と北茨城への旅。

新1000円札のモデルになった野口英世。

野口英世を育んだ磐梯山と猪苗代湖。その猪苗代湖の際にある「野口英世記念館」を訪れ、野口博士が世界で人類のために活躍した偉大な日本人であることを詳しく知り本当に偉大な偉大な日本人と感嘆しました。誕生から19歳まで過ごした生家が移築され1歳半の時やけどをした囲炉裏、上京するとき決意を刻んだ柱などそのままの状態で残されていました。

3177079 会津若松にある「鶴ヶ城」

ここは、日本の時代が大きく変わる幕末の動乱期に繰り広げられた戊辰戦争など歴史に翻弄された会津藩の動き、白虎隊の悲劇など詳しく分かりやすく紹介されていました。



3177096 これは福島県の中ほどにある天然記念物塔のへつり

100万年もの長い年月をかけて凝灰岩が侵食、風化を繰り返しこのような奇岩が塔のように塀立している。

大自然の底知れぬ偉大な力に圧倒されました。


3177100

「大内宿」

江戸時代、会津若松~今市(栃木県)を結んだ会津西街道の宿場町。参勤交代の会津藩士も立ち寄り賑わっていた宿場町。ここを通って会津から江戸へは5泊6日で到着したそうです。国の重要伝統的建造物郡保存地区になっておりとても歴史ある集落。


3177047_1

前から一度見てみたいと思っていた北茨城の「袋田の滝」

巾73メートル、高さ120メートル、

日本3名瀑の一つ。(華厳の滝、那智の滝、袋田の滝)

水量も多くスケールの大きさに感動!過去、色々な滝を見てきましたが、これほどダイナッミクな滝は初めてです。見る価値充分あり!

3177112

五浦海岸(いずら海岸)・日本の美術界を大きく発展させた岡倉天心が横山大観らと共に日本美術院を創設した地。

天心は、白砂青松の海岸線よりも荒々しくダイナミックで変化に富んだこの地を即座に決定した。広く大きな太平洋から打ち寄せてくる力強い白い波は、天心の強い、硬い心と一致したのでは・・・

この近くには、野口雨情情の生家もあり、雨情が愛した磯原海岸の小高い天妃山からの海岸線の眺めは絶景です。

港には民宿もあり冬には、あんこう鍋を食べに県外から沢山の人が訪れ賑わいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »